日本貸金業協会に問い合わせをしてみるとよいでしょう

キャッシングについては、以前に比べ規制なども厳しくなり悪徳なキャッシング会社は減りつつあるとされています。
ただし、現在でも一定数の悪質なキャッシング会社が存在していることも事実であり、ひとたびそうした悪徳な会社からお金を借りてしまうと、法外な金利を請求されたり、無理な貸付が行われるなど大変な問題に発展してしまう可能性もあります。

 

 

 

そこで、以下では悪質なキャッシング会社を見分けるためのポイントについてご紹介したいと思います。
・金利が不当に高い最も簡単にチェックできるのは、金利です。

 

 

 

現在、法定の上限金利は20%までと定められているためそれ以上に高い金利を設定している会社は利用を避けることが望ましいでしょう。
・別のキャッシング会社を紹介する無名のキャッシング会社の中には、「自分のところでは貸せないが、別の会社を紹介できる」と言って紹介料を請求してくるところがあります。

 

 

 

しかし、大半は詐欺目的の文句であり、紹介料を支払ったのに紹介してもらえなかったという例も多いため、注意が必要です。
また、無登録で貸金業を行っている業者を判別するためには、貸金業登録番号をチェックする方法がベストです。

 

 

 

怪しいと感じたら日本貸金業協会に問い合わせをしてみるとよいでしょう。